【未経験者必読】キャンプって何が楽しいの?興味無い人が気になる疑問・質問に答えます!【追加質問歓迎】

キャンプ初心者向け

今回はキャンプをした事のない方に向けた記事を書いていきます。

キャンプ未経験、興味の無い方にもこの記事を読む事で少しでもキャンプに興味を持ってもらえる!そんな記事になればと思います。

キャンプへの疑問はこんな事

よく聞かれる事として

  • 何が楽しいの?(純粋に)
  • 何するの?すぐにする事無くならない?
  • 夏は暑い、冬は寒いっていう辛い環境に何故わざわざ行くの?
  • 動物とか虫とか怖くない?熊のニュースとか見るよ。

自分がよく聞かれるのは、こんな感じの事がよく聞かれる事でしょうか。キャンプする方は本当にあるあるな質問ばかりだと共感してもらえると思います。

1つ1つ答えてキャンプしない方に向けて少しでもキャンプの良さをお伝え出来ればと思います。

何が楽しいの?

悪く聞こえる言い方かもしれませんが、仲が良い友人や親族からも純粋な疑問として投げかけられる事が多いです。

自分としては全部!と答えたいところですが、「非日常を楽しむ」という事でしょうか。

野外では自宅と全く同じ様に過ごす事はもちろん出来ません。

自宅だったら大した事のない事も、環境・道具が限られた野外では自分の想定している様に事は進みません。

上手く事が運ばない時にも「あー楽しい」と思えたり、お酒飲みながら野外で寝転がってだらだら過ごしたりとまさに普段の日常生活では楽しめないことをキャンプでは体験する事が出来ます。

何するの?すぐにする事無くならない?

「食べる・飲むくらいしかする事無くない?」という事もちょこちょこ聞かれます。

同じキャンプ場で2泊する場合であればもちろん時間が有り余る事もありますが、基本は時間が足りないくらいです。

  • 設営
  • 焚き火(準備・後片付け)
  • 食事(準備・後片付け)
  • 撤収

誰が見てもわかりやすい作業を箇条書きしましたが、ひとつひとつ時間をかけて楽しむ事もありますし、面倒な作業はパパッと済ませる事もあります。

これだけでは伝わらないと思うので、キャンプならではの時間の過ごし方としてほんの一部ではありますが紹介します。

寝床・居住空間の工夫

ハンモックやタープ、テントの張り方、使い方も調べればキリがないほど出てきます。

宿泊する場所、天候によって自分好みに設営する事で毎回新鮮な気持ちで楽しめます。

ブッシュクラフト

聴き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、サバイバル番組なんかをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

自然にあるものを活かして、キャンプ中の生活を快適に過ごす道具を作る、使って楽しむといった行為です。

例として、木を組んで風除けを作ったり、竹を割って調理器具やスプーン・箸を作ったりという感じです。

夏は暑い、冬は寒いっていう辛い環境に何故わざわざ行くの?

それが楽しいからです。と言ってしまえばそれまでなのですが、ドM人間だと思われそうなのでもう少し説明させて下さい。

「夏は暑い、冬は寒い」その通りです。夏は日射病手前になったことも、冬は寒過ぎて夜通し寝られなかった事もあります。

そんな中でも回数を重ねる中で、どうすれば少しでも快適に過ごす事が出来るのか?ということを試行錯誤し、経験値として積み重ねる事で少しずつ快適に過ごせるようになってきました。

自分自身の成長を感じながら成功体験を積み重ねられるというのもキャンプの良いところです。

最近はキャンプブームのおかげで販売されている道具もかなり充実しているので、初心者の方でもしっかりと準備さえ出来れば夏も冬も快適に過ごす事が可能です。

動物とか虫とか怖くない?熊のニュースとか見るよ

虫は意外と慣れます(笑)

自分も虫は全般苦手なので、初めは凄く嫌でしたが、自然の中にお邪魔してるのでいるのが当たり前と考えれば意外となんとかなったりします。

どうしても虫嫌いな方には…虫は冬には全く出ないので、冬にキャンプする事のメリットのひとつです。是非冬キャンプの検討をお勧めします。

動物や熊に関しては、事前にそのキャンプ場及び野営地の情報をしっかりと調べる事が大事ではありますが、運もあります。

自分は幸運にも熊には出会った事はありませんが、朝起きてテントから出たら目の前にイノシシが居たことがあります。

イノシシもこちらに興味を示さず、そのまま去っていってくれたので良かったですが、あの時はびっくりしました。

食事の後片付けをきちんとしてテント外に食べ物を残さないといった人為的な対策だけでなく、獣除け線香なるものも販売されているので、道具での対策も可能です。

キャンプって本当に楽しい!!!

今回はキャンプ未経験、興味の無い方からよく質問される事を例に挙げて記事を書いていきました。

全く興味なかったけど、少しは興味湧いたよ!と思ってもらえたら嬉しいです。

キャンプはよく「不便・不自由を楽しむもの」と喩えられますが、本当にその通りだと思います。

キャンプで不便・不自由を感じる事で、自宅の素晴らしさを改めて実感出来ます。

自宅の良さを再認識しつつも、回数を重ねる事で試行錯誤しながら自分なりのキャンプスタイルを確立していく面白さもあります。

気付いたらキャンプ沼にどっぷりハマっていた…となる方が1人でも増える様にこれからもキャンプ啓蒙活動を続けていきます(笑)

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ではではまたー!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました